忍者ブログ

ブログ‐発明パワー

知財国家日本、日本の膨大な借金返済は、世界に誇る国民の頭脳、まさしく国民の発明に頼るほかありません。 この卓越した頭脳こそが日本の有する最大の資源なのです。 このブログが国民の発明を呼び起すために、少しでも寄与できれば幸いと願っています。

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

企業と研究者のための職務発明ハンドブック 適正な職務発明対価の額をさぐる
現代産業選書
3,200円(税込 3,360 円) 送料無料



企業と研究者のための職務発明ハンドブック

企業と研究者のための職務発明ハンドブック

価格:3,360円(税込、送料別)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、特許法35条所定の職務発明制度の全ての法的論点についての考え方と判断基準との提示を目的として書かれた書。筆者が今後の裁判所の動きも予測できるようにと極力心掛け、職務発明規程の条項についても言及している。また、職務発明に係る裁判例から、今日現在の時点までに形成されている判例法を抽出し、その結論の1つとして、「相当の対価」の額の算定要素である「使用者等の貢献度」については、「相場」が形成されていることを指摘している。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 特許法35条の定める職務発明制度のしくみ(職務上の知的創作物の法律関係についての知的財産権法の内容/発明の概念とその判断基準/職務発明の成立要件)/第2部 特許法35条と職務発明規程(特許法35条の問題点/契約主義による職務発明の取り扱いと職務発明規程の法的拘束力/職務発明に係る特許を受ける権利の承継を巡る問題/「相当の対価」の額を適正化する動き/インセンティブの考え方/改正後特許法35条5項所定の「使用者等の負担」と「相当の対価」の額)/第3部 オリンパス光学工業上告審判決以降の職務発明対価請求事件判決の動向(職務発明対価の対象期間/特許に無効理由がある職務発明についての職務発明対価請求の可否/いわゆる「防衛特許」の職務発明対価請求の可否/職務発明対価の履行期から生じる諸問題/使用者等が受けるべき利益)
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア




最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
shibitan
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- ブログ‐発明パワー --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ